展示会の目的とその実態について

展示会には様々なものがあります。車、照明器具、アパレル、インテリアなど様々です。それらは主に販売促進活動のひとつとして開催されるのです。もはや日本の産業を代表するといっても過言でないアニメーションの展示は、最近は日本に限らず世界中で開催されているのです。欧米人やヨーロッパの人々が、アニメのキャラクターに扮装したコスプレ姿で参加するため、展示がある種お祭りのようなイベントになりつつあります。日本人と違った目の青い人々が、日本のアニメに扮装している姿は、とても微笑ましく嬉しい気分になるものです。それを見に展示会に行くのも楽しみの一つと言えます。照明業界の展示会は、目をみはるものがあります。LEDが最先端であり、まだまだ普及し浸透していないにもかかわらず、もう次世代の照明が展示し発表されているのです。

それは有機ELという照明で、その技術は有機物ジアミンに電圧をくわえると発光することを応用したものなのです。まだまだ良く分からない分野ですが、もうすでに液晶テレビにかわる次世代テレビなどにも、この技術が生かせると言うのです。展示によっていち早く、世界の科学技術の進歩を肌で感じる事ができるのです。食品の展示会などは、良く開催され、身近なものだと言えます。日本全国地方の物産や特産品が各ブースで区切られ展示され一堂に会するので、見応え充分です。また各ブースごとで、地方の名産品を試食でき、一気に日本全国を旅行している気分にさせてくれ、とても美味しく楽しい展示会です。こうした展示は、地方自治体が町おこしや、村のピーアールのために開催する事も多々あるのです。このような活動で、多くの人に地方を知ってもらうことは、財政難に歯止めをかけたり、過疎化の抑止にもなり得るので重要な活動だとも言えるのです。もうひとつ身近な展示にアパレルの展示会があります。アパレルの展示は多くの人にブランドを認知してもらうためにも行うのですが、多くは顧客への販売促進活動に主眼を置き開催されるのです。顧客をホテルに招待し、高級なホテルの食事でもてなし、その後アパレルの展示品を見てもらい、その場で商品の注文を受け付けるのです。

アパレルメーカーによってはパリ本土から一流モデルを呼び寄せ、顧客の目の前でウォーキングさせ、ショーを見せることで、高額な商品を買ってもらおうと努めるのです。こうした展示スタイルは、特に高級なハイジュエリーや高級呉服の販売を促進させたい時に開催されるのです。展示会のスタイルも業種や扱うものによって、目的や趣旨も違い、とても楽しいものなのです。