集客アップ実現!のための看板

お店の顔となる看板を作る

看板はそのお店の顔です

街を歩いていると、どのようなお店だとしても看板があります。飲食店でも美容室でもカラオケでも、看板がなければお客さんは来ないでしょう。そして、お店の顔ともいえるので、かわいいものやかっこいいもので人の目を引くものでなければいけないのではないかと思います。初めて来店するきっかけをつかむものです。私も初めて来店するときは失敗したくないので、慎重に選びます。そして、一度来店してみて気に入ったら何度でも来店します。もちろん店内の雰囲気も重要ですし、スタッフの方の接客も重要ですが、まずは来店してみないことにはなにも始まりません。なにかお店をひらくとするなら、看板に力を入れてみてはいかがでしょうか。あとは、インターネットが普及している時代なので、インターネットもとても重要なものとなるのではないかと私は思います。

店舗のイメージを左右する看板

早期退職などで、自分のお店を持とうと考える人も多くいるようです。若い頃にお店をやってみたかったけれど、資金などの理由から諦めてしまったが、定年後の生活を生き生きとしたものにしたいと感じたとき、若い頃の夢にもう一度挑戦してみようと思うようです。しかし、いざお店を始めたとしても、お客さんが来てくれるかが心配でもあります。お客さんがたくさん来てくれるかは、お店のイメージも大きく関わってきます。そのため、少しでもいいイメージを持ってもらえるようにするポイントがあります。それは、看板です。たかが看板と思われる人もいますが、人間は、視覚から入ってくる情報に大きく左右されると言われています。ですので、看板の色や文字の大きさなどデザインをきちんと考えることで、イメージアップにもつながりますし、それが集客にも影響が出てきます。

文化祭での看板作製のポイント

学生の皆さんにとって文化祭とは一大イベントの一つです。自分たちのクラブ紹介も大事なポイントの一つだと思います。大きな看板を出して宣伝をするところも少なくないのではないでしょうか。私の経験から少し、看板制作に関するアドバイスをさせてください。何といっても色使いです。当たり前の事ではありますが、文字は大きく、そして、案外黒い紙に白い文字というのが目に止まるかもしれません。実際、私が高校生だった時もその部活がかなり目立っていましたし、そこの前で立ち止まるお客さんも多かったですね。逆でもいいと思います。シンプルな白い紙に真っ黒の大きな文字で名称を記入します。後は、面白おかしい絵でも一つ、描いてあれば結構沢山の方が立ち止まって見てくれると思いますよ。折角の楽しい一大イベントです。沢山の方に来ていただけるよう、頑張ってください。

鮮やかな表現が特徴のダイレクトUV印刷機の導入と社内一貫体制により、高品質な印刷物を制作、ご提供。福井県福井市問屋町近く。北陸道ICから近くて便利。お客様のデータを最長2年間保管させて頂きます。全国7ヶ所に営業所をもつ弊社だから、大型案件も営業マンがバックアップ。高品質な看板を安心してご注文頂けます!上場会社300社を含む、10万社以上の企業様との取引実績!安心してお取引して頂いております。